トレックライズ 2 (2〜3人用) 好日山荘WebShop

アライテント/ライペン(ARAI TENT)
トレックライズ 2 (2〜3人用)

¥50,220税込

メーカー品番 320200
ポイント 1395ポイント還元

カラー・サイズを選択してください。

サイズを選択してください

  • -
    カートへ入れる
    お気に入りに追加

広いパネルに解放感のある大きな半月型の入り口を持った3シーズン用テントです。大きなベンチレーターと相まって、換気性能の良さの自慢のモデル。エアライズと同じ東レ「ファリーロ」中空糸を使用した28デニールリップストップナイロン布地採用で軽い仕上がりに。ツーリングやトレッキングでの使いやすさを徹底的に検討して作られたトレックライズは、あなたに素晴らしい旅の思い出をプレゼントしてくれることでしょう。「トレックライズ」は大きなベンチレーターと、メッシュが外側に付けられた大きな入口を持つ換気性能の良好なテントです。夏の暑い日中でもこれまでよりも熱がこもりにくく、快適な居住性をもたらします。
▼ 重さ
テント本体、フライシート、フレーム : 約1680g
ペグ、張り綱 : 約200g
▼ 大きさ
使用時 : 間口210×奥行150×高さ110cm(前室張出50cm)
収納時 : 32×直径16cm(49×直径16)、フレーム38cm
収容人員:2〜3人
▼ 定員
2〜3人用
▼ 素材
本体 : 28デニールリップストップナイロン(東レ「ファリーロ」中空糸使用)
フライ : 30デニールリップストップナイロンポリウレタンコーティング
フロア : 40デニールナイロンタフタポリウレタンコーティング
フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)
▼ 機能・特長
■定員2〜3人用テント
■フライシートはテント全体を覆うフルフライタイプ
■主要な縫製部分はすべて専用テープによるシームシーリング加工済
■ベンチレーターと入口をメッシュへ切り替えが可能
■フレームスリーブ末端は袋とじ状
■テント後部とフライシート後部の連結はクイックリリースバックル
■エアハーキュリーフレーム

▼注意事項
※ より良い防水性能を発揮するために、必ず付属の防水液「シームコート」による防水加工を取扱説明書に従って行なって下さい。

▼ 付属品
ペグ、張り綱、シームコート、リペアスリーブ(緊急補修用チューブ)



「トレックライズとエアライズ どっちを選べばいいの!?」

この質問は店頭でもよくお客様から投げかけられるものです。
この2つは同じようなスペックで、一見すると「出入り口の方向が違うくらいでは」と、感じるかもしれません。
実はその違いが大きな違いなのです。
山岳テントの多くは長方形の床を持ち、出入り口は「長い辺」か「短い辺」に作られます。そこからくる違いとしては、

◆短い辺側出入り口タイプ(エアライズ)
出入り口を風下に向けられ、風が吹き込みにくい(風の影響を受け難い)。崖っぷちのような狭いところに張っても出入りがしやすい(崖側に出入り口を向けると、出入りするたびに滑落のリスクが発生します)。アルパインや厳しい環境にも対応。出入り口が小さい。フライシートで作られる前室が狭い。

◆長い辺側出入り口タイプ(トレックライズ)
出入り口を大きく使う事ができ、出入りしやすい。フライシートで作られる前室が広く、物を置きやすかったり、雨の中でも土の上で作業ができる。広い出入り口で開放感があり景色も見やすい。換気能力が高い。テントサイトのしっかりした登山だけでなくキャンピング、サマーフェス、自転車やバイクツーリングなどにも向いている。

上記の違いが、大きな違いなのです。
どちらがいいかは使う人の求める登山スタイルによるのです!

エアライズには積雪期にも使えるフライシート(通常のレイン用フライシートは積雪による埋没で窒息の危険があります)がオプションがあり、過酷な気候やより難度の高いエリアまで幅広く登山で使いたい方へ。
トレックライズは、春から秋までの日本の山をのんびり楽しみたい方へ。

あなたはどちらの登山スタイルでしょうか?



各務原店 大渕
アライテントの一番人気「エアライズ」より居住性を重視したモデルがこのトレックライズです。
前室(本体とフライシートとの間のスペース)がエアライズは短辺側にあるのに対し、トレックライズは長編側にあるので、前室のスペースが大きいです。
よって、物を前室にたくさん置けたり、悪天候時は前室で調理をしたりするのに便利です。
出入りも一般的には、こちらのタイプの方がしやすいです。
エアライズよりも風の抵抗を受けやすいのが短所です。
トレックライズ1は1〜2人用ですが、私は2人で使うには少々狭いと思うので、1人でゆったり使いたいという方にお勧めです。2人で使うことが多いのであれば、トレックライズ2をお勧めします。

マウントギア大名店 酒井
2人でのテント泊時に一番出番が多いのがこのモデル。とにかくゆったりしていて窮屈感がなくとてもくつろぐことができるのだ。もちろん重量は出るがこの快適性を経験してしまうとなかなかエアライズ2には戻れない。
基本的にシュラフマットは51cmで2枚敷いても約50cmのゆとりがある。つまりもう一人分が寝ることができるスペースがあり、そこに荷物が置くことができる。また天井にはロフト(オプション)を付け、ヘッドランプや時計など小物を置いている。一般的な2人用は足元や頭部に分けて置くので多少なり圧迫感があるがコレにはない。以前、穂高岳山荘に泊まった時に荷物がない状態だったが3人で寝ても窮屈な感じはなかった(荷物は別のテントに収容)。個人的には快適な空間を確保できる贅沢なモデルだと感じている。さらに究極の贅沢はDXフライとの併用。いつかコレで使ってみたい(願望)。
一般的に2人用モデルを1人で使用する場合で考えるとこの規格は大きい。ちなみにダンロップではこの規格は3人用になる。もちろん個人差があるので一概には言えないが、2人で使うことを前提にした方におススメする。

ユーザーレビュー

ご購入商品のレビュー投稿で100ポイントプレゼント!

この商品の評価:
平均4点
レビュー数:
1

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを評価するにはログインが必要です。

バランス良く実用的

4点
  投稿者:リーダー
エアライズと迷っている方が多いのではないでしょうか。バリバリ冬山で使うのでなければ、トレックライズが良いですね。出入口が長辺側で出入りしやすく換気も良好です。でも、いつも西風が強い稜線などでは、出入口を風下にするので、出入口と反対側の長辺側が風を受けてしまい不利かもしれません。しかし、そういう過酷な状況でなければトレックライズで十分だと思います。