エア 630EX 好日山荘WebShop

ISUKA (イスカ)
エア 630EX

ポイントアップセール10%還元

¥51,840税込

メーカー品番 1511
ポイント 4800ポイント還元

カラー・サイズを選択してください。

サイズを選択してください

  • -
    カートへ入れる
    お気に入りに追加

厳冬期の中級山岳や残雪期の3000m級に最適なモデルです。台形ボックス構造に独特のショルダ−ウォ−マ−とドラフトチュ−ブを装備しています。
▼ 重さ
約1060g
▼ 大きさ
最大長:80(肩幅)×213(全長)cm、収納サイズ:20×34cm
▼ 素材
表:ナイロン100%、裏:ナイロン100%
▼ 機能・特長
■参考使用温度:-15℃
■羽毛量:630g(90/10 800フィルパワ−)
■最低使用温度:-15℃
▼ カラー
ゴールド

静岡パルコ店 中野
積雪期のテント泊から雪洞泊、避難小屋泊、車中泊など冬はマルチに使用しています。 ここ数年は南アルプスや八ヶ岳での使用が多いです。
気温に応じてダウン上下とダウンブ―ディを組み合わせて対応していますが、 厳冬期の寒波直撃時や底冷えがひどい時は、寒くて眠れない時もあります。(そんなもんだと割りきっています。(笑))
女性や寒くて眠れないのがNGな方は、これより上のクラスの寝袋をお勧めします。 いくつかのメーカーの寝袋を所持していますが、イスカの寝袋は品質とコストのバランスが非常に良く信頼しています。
身長168cmでレギュラーモデルを使用しています。
ショートサイズでも特に問題ありませんが、 ダウンブ―ディ着用時に寝袋のボトムに少し触るので、この身長以上の人はレギュラーサイズをお勧めします。


松本パルコ店 山本
寒がりなので秋・初冬・残雪期のアルプス等から、厳冬期まで使用しています。
厳冬期3000m級では、インナーシュラフとしてfinetrackのポリゴンネスト2×2とシュラフカバーを併用しています。
この組み合わせは寒さ知らずで朝までぬくぬくです。
630+シュラフカバーでもいけますが、何回か寒さで起きます。その辺は軽量化か快適さ重視かで状況に合わせて選択します。
使える時期が長いので重宝しています。
2014年08月21日
黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳・鋸岳 縦走


2016年01月21日
厳冬期五竜岳(遠見尾根往復)


2016年02月08日
厳冬期 西穂高岳〜奥穂高岳縦走

ユーザーレビュー

ご購入商品のレビュー投稿で100ポイントプレゼント!

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。