汗冷え対策にファイントラック・ドライレイヤー®がおすすめ

ドライレイヤー®(スキンメッシュ®)をおすすめする理由

人間は衣服によって、厳冬期の山から真夏の低山まで様々な場所に出掛けることが出来る。

好日山荘 山岳ガイド 加藤 智二 (かとう ともじ)

登山に相応しい衣服の機能として必要なのは、第一に濡れを防ぐ機能、第二に風を防ぐ機能。第三には汗を吸湿・拡散させる機能です。第四に温度調節をし易くする為の重ね着(レイヤードシステム)です。
衣服を調整することで余分な汗をかいたり、汗冷えや風による熱損失(ヒートロス)を防ぐのが目的です。
このように、人間は衣服によって、−30度もの厳冬期やヒマラヤの山々から、真夏の低山まで様々な場所に出掛けることができるのです。
過剰な保温性であったり、オーバースペックな衣料であったり、目的とする山や季節に合わない衣料は本来の目的である登山者の安全と快適に役立たないことになってしまうのです。
雨も汗冷えもこわくないドライレイヤー®
ストップ&ゴーを繰り返す登山では体への負担を緩和できる機能ウェアが必要です。運動量や気温・湿度による汗や雨などの外からの濡れは、無駄な体力消耗や低体温症などの山岳リスクにつながります。
優れた撥水性を備え、汗の不快感と濡れ戻りを軽減するドライレイヤー®を着用していることで濡れたウエアを肌から遠ざけ安全と快適さを高めることが出来ます。

好日山荘スタッフレビュー

  • ドライレイヤーベーシック

    冷えを気にすることなく登山に集中できます

    おとな女子登山部 あやや

    冷え性ということもあり、オールシーズンお世話になっているドライレイヤーの1つです。 汗をかいても肌がさらさらで、見事に濡れ戻りを防いでくれるので、休憩中のあのヒンヤリした嫌〜な感覚を気にせずに済みました。 もちろん行動中ももちろん汗のべたつきや冷え感をほとんど感じることはないので冷えを気にすることなく登山に集中できます。

  • ドライレイヤーベーシックロングスリーブ

    長期山行でも汗の臭いをほとんど気にすること無く着用

    さいか屋藤沢店 店長/酒井

    非常に汗を掻く私にとって無くてはならない必須ウェアがこのドライレイヤーです。春から秋にかけての山行には必ず登場します。 また長期山行でも汗の臭いをほとんど気にすること無く着用しました。 汗冷えを気にしている方には是非オススメです。

  • ドライレイヤーベーシックフィットブラ

    ベタつかず乾きも早くびっくりしました

    おとな女子登山部 部長 荻野

    一度使ったらクセになり、最近は山へ行く時は常に使用しています。このブラは、ショルダーとアンダーゴム、カップに汗が溜まらないので、かゆくなったり、ヒンヤリすることがありません。 締め付け感が少なくソフトな着心地で私は好きですが、しっかり支えて欲しい方にとっては、少し不安かもしれません。 先日試しに、海でも水着代わりに着用してみましたが、ベタつかず乾きも早くびっくりしました。

ドライレイヤー®とは?

肌をドライに、体温を守る

ひとたびブルッと震えると、いくら保温着を羽織ってもなかなか温まらない。山の汗冷えは、本当に厄介です。
そんな汗冷えで辛い思いをしたスタッフの経験から開発したのが「ドライレイヤー®」。新発想のアンダーウエアです。
肌に直接着て、その上に吸汗速乾ウエアを重ねることで、肌をドライにキープ。着ているだけで、汗冷え・濡れ冷えのリスクを軽減し、登山やアウトドアでの安全・快適性を高めます。

着用例
独自開発のメッシュ生地は、強力に水を弾く撥水設計。肌に直接着て、その上に吸汗速乾ウエアを重ねることでドライ効果を発揮します。
  • 肌に直接着用します

  • その上にベースレイヤー(吸水速乾素材)を重ねます

着ている時/着ていない時の違い
多量の発刊を想定し、水で濡らした吸汗ウエアを着用した際の皮膚表面温度の変化。ドライレイヤー®を下に着ている時は着ていない時と比べ、皮膚表面温度が全体的に高く体温低下を抑えられています。
  • ドライレイヤー®を着ている時(レイヤリング等)

  • ドライレイヤー®を着ていない時(吸汗ウエア単体着用)

機能・特徴

オールシーズン・あらゆるアクティビティに

適度な保温力と汗抜けスピードのバランスに優れ、季節を選ばず、初めての一枚としても使いやすい汎用性の高さが特長のドライレイヤー®です。

やさしくフィットする柔らかな着心地

耐久撥水による皮脂のつきにくさと、新たに付与した抗菌防臭加工のダブル効果で、菌の抑制率99.9%以上という優れた抗菌防臭性が150回洗濯後も続き、ニオイを抑えます。

ニオイの原因菌の抑制率99.9%以上!

耐久撥水による皮脂のつきにくさと、新たに付与した抗菌防臭加工のダブル効果で、菌の抑制率99.9%以上という優れた抗菌防臭性が150回洗濯後も続き、ニオイを抑えます。

皮脂がつきにくい!

撥水性のドライレイヤ―®は、疎水性のアンダーウエア(ポリプロピレン〈PP〉製)と比較して、皮脂汚れが繊維に付着しにくいという特性を持ちます。そのため、ニオイや黄ばみが発生しにくく、長期にわたって良好なウエア状態を維持します。

運動後のウエアの洗濯を想定し、人工皮脂汚れを、ドライレイヤー®ベーシックと、ポリプロピレン(PP)製の疎水系アンダーウエアのそれぞれに付着させ、2回洗濯。その後、一定の条件で加熱することで、残留皮脂の見える化試験を実施。PP製の疎水系アンダーウエアは、全体的に皮脂が繊維内に残留しており、ニオイや黄ばみが発生しやすいことを表している。

肌にやさしい縫製仕様

ウエスト部分など縫い目が肌に擦れやすい箇所の縫製を外側に出し、肌が縫い目を感じにくい仕様を随所に採用しています。

かいた汗を肌に戻さない、画期的な耐久撥水ニット生地

高度な紡糸、および延伸技術により作られたポリエステルに、特殊な撥水処理と汗の濡れ戻りを低減する編みの工夫を加え、汗が通過しやすく、濡れ戻りしにくい非常に薄い耐久撥水素材です。

似て異なる「撥水」ウエアと「疎水」ウエアの特性

ファイントラックの「撥水」アンダーウエアは生地自体が保水しにくいため、汗を上層ウエアへスムーズに移行させて肌のドライ感を持続させます。しかしポリプロピレンに代表される「疎水」アンダーウエアでは、生地を構成する繊維表面に水分が膜を張って残るため、汗が肌に滞りやすくなります。そのため、冷えとベタつき感の解消には、「撥水」アンダーウエアのドライレイヤー®がより高い効果を発揮します。

旧モデル「スキンメッシュ」との違い

・抗菌防臭機能

NEWモデルからは抗菌防臭機能が付いています!

・縫製の違い(首の締め付け感、脇下からのフィット感)

旧モデルは首が狭く着づらいと感じられる方もいましたがNEWモデルはゆったりしました

・サイズ規格の違い

旧モデルに比べ全体的にゆったりしています。サイズ選びのポイントは身長ではなく、チェストを優先して選ぶ事をおすすめします

・胸下のゴムの改良(女性モデル)

内側に入れていた縫い目を外に出し、新開発のゴムを用い縫製改良を行っことで擦れにくい構造になりました擦れにくい構造

ラインナップ

ドライレイヤー® ベーシック

はじめての一枚に!オールシーズン・あらゆるアクティビティに。やさしくフィットするソフトな着心地

ドライレイヤー® クール

ベーシックの約2倍涼しい!ナイロン素材ならではの、冷涼感のある滑らかな着心地。

ドライレイヤー® ウオーム

寒い季節の登山、ウォータースポーツに!汗や水・雪などの冷えから体を守る

山ブラ